レンジローバー イヴォーク・LV2V(ランドローバー)ギヤボックス故障の警告表示

H24年式(2012年式・LV2A) レンジローバー イヴォーク メーター内のインフォメーション画面にギヤボックス故障の警告が出たとのことで修理依頼がありました。

ご来店時は警告も消えており確認は出来なかったのですが、お客様がスマホで写真を撮っていて下さいました。

修理する側からすると、診断時間の短縮につながりとっても有難いです!
詳しくお客様にお聞きしてみると「2~3時間以上駐車後の始動直後に表示され、一旦エンジン停止し再始動すると表示されない」そうです。

早速、診断機にかけるとトランスミッションコントロールモジュールにトラブルコードが残っていました。

コードP1794-92 バッテリー電圧サーキット

バッテリーが弱いのかな?とも思いましたが、3か月前に交換されたそうで・・・
バッテリーが原因ではなさそう。 では、なんだろう❔色々調べた結果、サブバッテリーではないかと予想。
でも、どこに付いているんだろう?・・・

ありました!!

助手席足元のカバーを外したヒューズBox付近に!!

エンジンルームのメインバッテリーの近くにサブバッテリーが付いているタイプもあるようですが、この車は室内に装着されているタイプでした。

新品を取り寄せ交換。バッテリーのロックの爪が少し固く手では解除出来なかったので、プライヤーでつまんでロックほ外しましたが、交換自体は比較的短時間で終わりました。
故障コードを消去し、試乗。警告も出なくなったので、お客様にも様子を見ていただくことになりました。
またすぐに同じ警告が出るようなら、次はトランスミッションコントロールモジュールがダメかも・・・
今回の修理代金は3万円以内で出来ました。

お客様にも(警告が)「久しぶりに出なくなった」と大変喜んでいただけました。
今までは修理は名古屋まで行かれていたそうですが、「今はあっちのほうは、なかなか行けないですからねー。次回も何かあったらお願いしたいです」とおっしゃっていただけました。

嬉しいですねー!! こちらこそまたよろしくお願いします!!

お問い合わせはコチラまで!

電話: 0265-56-1005
mail: dr-iida@osagasi.info
住所: 長野県飯田市鼎名古熊2165(カーネットプラザ飯田、南隣)

LINEで相談する。LINEでのお問い合わせはこちらから友だち登録!click

 輸入車の修理・メンテナンスでお困りの輸入車オーナー様のお力になれる様
精一杯頑張りますので宜しくお願い致します!!